5県移住相談会にて茨城のダブルプレイス経験談を話します。@有楽町


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-05-58

 

先日、茨城の移住促進サイト「茨城移住ナビ」に掲載してもらいました!
僕のドヤ顔を心ゆくまでお楽しみください!
移住ナビには掲載されていませんが、実は会社を辞めた時、すぐ東京のアパートを解約しませんでした。
会社を退職してから1年間、東京と茨城を行き来するダブルプレイスをしていたからです。
理由はゲストハウス立ち上げと診断士取得を同時並行していたから。
ダブルプレイスの意味は二カ所に自分の住む場所があってどちらも頻繁に出入りすること。
別荘との違いは「頻繁」ということ。週1から月1くらいで出入りすることかな。
明確な定義はないのでこのくらいにしておきます。
ダブルプレイスを振り返ってみると、デメリットは何と言ってもコスト。どちらも借家だと単純に家賃が倍。あとは拠点間の移動費と移動時間です。
私の場合は茨城の拠点は実家(jiccaじゃないよ)だったので東京のアパート代だけで済んだこと。
移動費は東京ー茨城間で往復3000円と安かったこと。
移動時間は1時間半と短く、高速バスを使ってPC作業をしていたので、そこまで負担になりませんでした。
そもそもなんでダブルプレイスするのか?
よく言われるメリットは、東京の刺激と田舎の癒しを同時に得られる点です。
どちらも惹かれるし、バランス良く行き来できたら一番ですよね。
バランスを取るためのやり方としては「旅行」が一番ポピュラーです。
jiccaに来てくださる方のほとんどが首都圏の方です。逆に言うと、地方の方はあまり来ません。
おそらく首都圏に行かれてるかと思います。
でも、私が思うダブルプレイスの一番のメリットは「物事を新鮮な目線で見続けられる」ということ。
jiccaを造るきっかけは、海外旅行と東京の生活でした。
私がもし海外に行かず茨城で就職して実家から通っていたら。
間違いなく、jiccaは空き家のままだったろうと思います。
ダブルプレイスは「新鮮な目」を維持し、考えを膨らませることができる良い手段です。
今回はそんな私の体験談を、他県の移住者と共に話せる機会を設けていただきました。
他県のやっていることを聞くのと同時に茨城の良さも伝えてきます!
イベントではソトコト副編集長も来るということで、ソトコト好きには良い企画ですね。
参加費無料、申し込み無し、有楽町駅すぐですので、興味がある方は遊びにきてね!
フライヤーはこちら
日時:2016年`12月10日(土) 12:00~17:00
場所:東京交通会館3階 グリーンルーム
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-46-50
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-47-00
・ふるさと回帰センター
http://www.furusatokaiki.net/event/102634/
・茨城移住ナビ
http://iju-ibaraki.jp/topics/post-2404.html